保険薬剤師とは?

薬剤師という職業において、今後はその人口も更に増えていくといわれています。 薬剤師国家試験の合格者、要するに薬剤師資格を持つ方ですが、この人数も年々増えておりますから、職場における余地というものは、当然減ってきているという事が、言えると思います。

もちろん、必ずしも余地が無くなるという事ではありませんが、そうした背景をもとに、薬剤師も役割の分担をすべきであるという事から、薬剤師の細分化をするべく、色々な種類の薬剤師を定義しようというような、動きが活発化している事は、いえるでしょう。 その中のひとつに、保険薬剤師という職業が存在し、保険薬剤師とは、保健医療機関や保険医というようなところに対し、業務を行うという薬剤師となります。

通常、薬剤師の仕事は、薬における調剤です。 また薬剤師であれば、当然、だれでも調剤は行えます。 しかしながら、保険医療に関しての業務に従事するためには、薬剤師資格だけでなく、保険薬剤師になる必要があります。 この理由には、大きな理由が存在し、本人負担3割、保険7割というのが、保健医療における常識、基本となりますが、この保険のきく医療に対しての薬の調剤を行う場合等は、保険薬剤師という立場が必要となり、保険薬剤師でなくてはいけないということなのです。

つまりは、保健のお金が負担されるという業務に関しては、当然、しっかりと基準を満たす方でなければ許可できないという事がいえ、基本的に、調剤業務に就くにあたり、保険薬剤師登録を行う事になっているという事です。 ただ、ここで、病院薬剤師、病院の薬剤部に勤務する場合においては、この登録の必要はないという事になっております。

一般的なイメージとして、病院のほうが保険薬剤師の登録が必要なように考えますが、実際は、病院以外の薬剤師として、働く場合に必要な登録となっており、そもそも保険薬剤師の登録には、費用はかからないものとされています。 そのため研修認定薬剤師とは異なり、経済的な負担を考えずに、安心して登録をする事ができるものといえるのです。

この登録をするためには、各都道府県の社会保険事務所で行い、手続き自体もさほど難しいものではないので、速やかに登録が完了されると思います。 保険薬剤師による、もっと詳しい情報を知りたいという方は、保険薬剤師に関する著書がいくつか存在し、保険薬剤師の様々紹介、解説がなされているものがありますから、そうしたものを一度お試し頂くと良いかもしれません。保険所の薬剤師についてのサイトはコチラです。




サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 足やせ総合情報. All Rights Reserved.