中国茶で足やせダイエット

日本では、お茶は食事のときに飲見ますが、中国では、古来より
「飲茶」 (ヤムチャ) という習慣があります。

飲茶とは中国広東省・香港・マカオなどの習慣で中国茶を飲みながら
点心 (中華料理の主菜と中華スープ以外の食べ物) を食べます。
お茶を飲むことによって、余分や脂肪や糖分を体内から排出します。

日本人に親しまれている中国茶には、ウーロン茶やプーアール茶に
ダイエット効果があると言われていますが、おもに食事のときに飲む
お茶で、体脂肪を燃焼して減らす効能があると言われています。
夏は麦茶代わりに冷やしてポットに入れて飲むといいでしょう。
味もクセがなく、たいへん飲みやすいお茶です。

そのほかに、足やせに効果的な中国茶をご紹介しましょう。
足やせには、身体をあたためて、冷えを解消してセルライトを除去
することが必要です。身体の冷えは、新陳代謝が悪くなり、体内に
老廃物がたまりやすくなります。

お茶の成分が血管を広げて手と足の先まで血液循環をスムーズにして、
体を温めてくれるお茶には、杜仲茶があります。杜仲茶は、日本では
15年前に、杜仲茶ダイエットブームが巻き起こりました。杜仲茶に
含まれているゲニポシド酸が、血液をサラサラにしてくれます。
お茶のでがらしは、入浴剤として使うのもいいですね。ネットに入れて
お風呂の中につけておくと、お茶の成分がお湯の中に溶け込みます。

お茶を飲んで身体の内側から、そして身体の外側から入浴剤代わりに、
とさまざまな用途があります。

当サイト人気コンテンツ

■ 足にいい歩き方
■ 体脂肪を解消しよう
■ 中国茶が足に効く!?
■ ウォーキングの方法
■ リンパマッサージをしよう
■ セルライトとは!?

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 足やせ総合情報. All Rights Reserved.